震災に際し  理事長メッセージ

2011年3月28日 16:35

日本補聴器技能者協会から皆様へ

 

過去に例を見ない未曾有の災害,東日本・関東大震災の発生から2週間が経過しました。

被災地の皆様に心からお見舞い申し上げます。また,尊い命を失われた方々,そのご遺族の方々へ哀悼の意をささげます。

 

被災者の方々が困難な状況におられることは日々の報道からその厳しさが推察されます。その中で,殊に補聴器を利用されている聴覚に不自由さを持っておられる方々が誰にも増して情報不足に直面して居られるであろうことを思い一刻も早く何らかのお役に立ちたいと願っています。しかし,今回の被災地域があまりにも広範囲に及ぶこと,現地の道路や殊に燃料不足などの状況,また地域内の当協会のメンバーがどの程度の活動が出来る状態にあるかなどの情報収集が思うに任せず,具体的活動ができない現状を心苦しく思っております

 

ようやく高速道路の一般通行が可能になって物流も回復しつつあることから,現地の要望を受けつつ日本補聴器販売店協会と協働してユーザーの方々のお役に立つ活動を行って参ります。

 

被災地にある当協会会員の方々,多くの被災者の皆さん,復興には多くの時間を要すると思われますが,多くの者が皆さんの上に思いを馳せています。どうか希望を持ってくださるよう祈っております。

 

被災地外の会員メンバーの皆様には,すでに義援金活動をお願いしているところですが,今後具体的な活動計画が纏まれば,ご協力をお願いすることがあると思われます。その節には可能な範囲でよろしくご支援をお願いいたします。

 

                                        2011325

                             NPO法人日本補聴器技能者協会

                                     理事長 宮永 好章

                             

 

Copyright (C)   Japan Hearing Instruments Technician's Association.  All  Rights  Reserved.